個人再生の相談.com

手続き前に確認!個人再生のデメリット

冠婚葬祭が続いたり、生活費が苦しくなったり、ギャンブルなどにお金をつぎ込んでしまったりと借金を抱えている人はさまざまな理由があるでしょう。
計画的に利用して返済できていれば問題はありませんが、後先のことを考えず融資を受けていては気が付いたら巨額の借金しか手元に残っていないでしょう。
返済のためにコツコツと節約生活をしても利息分を支払うことが精いっぱいで完済の目途が立たないといった状況に陥ってしまいます。
このような場合、債務整理のひとつである個人再生を利用するという手段があります。
個人再生は借金の総額を大幅に減額して3年間で返済していくというものですが、自己破産のようにマイホームや車を手放さなくても手続きを取ることができる制度です。
また浪費の原因がギャンブルであっても利用することができるのもメリットですが、デメリットもあるのです。
個人再生のデメリットは信用情報に事故情報が登録されるので5年から7年の間はローンが組めなかったり、クレジットカードを作ることができなくなります。
しかし一定期間を過ぎると新たに融資を受けることができるので、一生借り入れができないというわけではありません。
また官報に住所や名前が記載されてしまうのでヤミ金業者からダイレクトメールが届く恐れもあることもデメリットですが、一般の人が目にするものではないので他人に知られることもないでしょう。
個人再生の手続きは時間と根気が必要になるので、スムーズに進めるためにも借金問題に強い弁護士や司法書士に依頼することをおすすめします。