個人再生の相談.com

個人再生後は官報に載ってしまう?

借金について弁済ができないときには、債務整理の方法を活用することで解決することが可能です。
債務整理にはいくつかの方法があって、自己破産や任意整理などについて検討している人も多いと言えますが、個人再生という方法もあります。
個人再生やその他の債務整理に関して、手続きを行って借金問題を解決したときにはデメリットとして官報に掲載されます。
債務整理を行ったことに関して官報に掲載されたときには、直近1か月間のものについてインターネット上で確認することが可能です。
個人再生などの手続きを行ったときに官報に掲載されることは、公告という意味合いにおいて一般に告知することが目的となります。
なぜ公告をする必要性があるのかというと、主に個人再生などの手続きに参加できなかった債権者に対しての権利行使の機会を与えるためであると言えます。
官報について常に目を通している人は少ないと考えられますので、一般的な知人や家族、会社などに知られることは少ないと言えます。
個人再生の手続きにおいては、借金の再生計画案が裁判所において認められることで借金問題を解決する手段となっているわけですが、
手続きが完了するまでの間に3回ほど官報に掲載されることで公告が行われます。
個人再生の認可が決定されると、確定された日の含まれている月の翌月から、提出を行った再生計画案に沿って借金の分割返済を行っていって、3年程度の期間で完済を目指すことになります。